ウクレレとスチールギター・プレイヤーが綴る、気まぐれ話あれこれ。


by swinging_ukes

<   2012年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

最近何故かスチールギターを習いたい人が増えている。
昔ほど見かけなくなったので、多くの若い人たちはスチールギターをよく知らないが、まだまだ多くの可能性を秘めた楽器だと思っている。
一つの例がロバート・ランドルフだ。
彼は黒人だが幼い頃父親と教会に行きそこでスチールギターの演奏を聞き魅せられたようだ。
スチールギターといえばやはりカントリーを連想するが昔はハワイアンにも使われていたのだ。
優れた演奏者が沢山いたので楽しかった。
残念な事にハワイでも殆ど使われなくなったスチールギターだが弾き方によっては非常に魅力的な楽器だと思う。
僕も昔はエモンズの10弦C6チューニングのペダル・スチールギターを弾いていたが、大きくて重いのでずっとノンペダル・スチールギターしか触っていなかった。
だが和音が思うように出ないのでそのへんの不自由さは否めない。
ところがふとした機会にLiteというネーミングで小型軽量を謳っている6弦のペダルスチールギターがあることを知り、早速ビルダーにコンタクトして作ってもらった。
待つこと2箇月余り。
ようやく出来上がり送られてきたが、非常にコンパクトでペダルスチールギターにしては確かに軽い。
ピックアップはジョージLのE66でペダルアクションも本格的だ。
例によって数箇所自分好みに改造してとても満足。
音はハンバッカーのいいところが全面に出ていて凄くいい。
やはりサスティーンが凄い。
とにかく味のある表情豊かな音質で現在かなり惚れ込んでいる。
ただし6弦なのでもう少し低音が欲しくなり今度は8弦が欲しくなった。

d0255042_20231955.jpg
d0255042_2023391.jpg
d0255042_20225219.jpg
d0255042_20223959.jpg
d0255042_20222731.jpg
d0255042_2022156.jpg

[PR]
by swinging_ukes | 2012-01-05 04:42 | スチールギター