ウクレレとスチールギター・プレイヤーが綴る、気まぐれ話あれこれ。


by swinging_ukes

<   2010年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Cubase 5

DAW用に購入したPCがなんか当初から調子がイマイチで、最近それに磨きがかかってきたのでこれではいけないと思い立ち秋葉原のドスパラで新しいPCを購入した。
ウインドウズ7の64ビットにしたのはいいが、CUBASE 4 がウインドウズ7に対応していないので、将来性を考慮してCUBASE 5 にバージョンアップ。
その他アコースティックピアノという音源が使えないのでイーストウエストのピアノスに変更。
ゴールドエディションという少し軽いものだが買って帰って開けてみたら DVD が9枚も入っていてビックリ!
インストール後もなかなか iLok というドングルみたいなのにオーソライズ出来ずに非常にいらいらしたがなんとか音が出てアー、良かったー。
その他、Power Core X 8 というエフェクターが認識されなくて徹夜で色々やってみて64ビット版のドライバーをインストールしたら解決した。
分かってしまえば凄く簡単なのに初めてだと何時間やっても分からない時もある。
BFD 2 はウインドウズ7に対応していないらしいが BFD ECO を入れるとウインドウズ7でも読めるという事なのでやってみたら大丈夫みたいだった。
音源用のPCのハードディスク “D” は1テラをインストールしてあるが最近の音源は結構容量を使うので2テラでも良かったかも知れない。
とにかく落ち着くまでやる事が多くて普段使わない脳みそが少なからずパニクってしまう。
OSやバージョンが変わるたびにコンパチビリティ等いくつも問題が出てくるのはいい加減にして欲しい、と皆思っているに違いないと思っているのは自分だけかなー。
学校でもっと勉強しておけば少しは能率的になれたのかも知れないなー。
そういえば昔パソコンショップの店員が「ミュージシャンはパソコンに弱いんですよ!」と力説していた。
確かにそうかも知れないが若い連中は得意なんだろーなー。
でもひと昔と比べると音源も結構良くなっていると思う。
ベースとドラムスとピアノはとりあえず必須なので選んだものはベースが Torilian, ドラムスが BFD 2 と STYLUS RMX だったが偶然三つとも全部 Spectrasonics というメーカーだった。
という事で頑張ってデータを打ち込むぞー!
[PR]
by swinging_ukes | 2010-08-11 01:58 | DTM